既存データを守り抜く|外付けhdd問題はデータ復旧ソフトや業者に

IT

ハードディスクのトラブル

PC

仕事やプライベートの大切なパソコンデータ、外付けhddにバックアップを作っておくことはもちろん、万が一のトラブルのさいに慌てないためにも、データ復旧ソフトや業者のリストアップなどをしておくことが大切です。

バックアップの活用法

キーボード

hddをコピーする場合、不良セクタの存在がコピーの邪魔をしますが、それらを無視してhddをコピーするソフトウェアも存在します。PCの設定を新しいhddへ引き継ぐ場合にもこれらのソフトウェアが有効になることもあり、バックアップ目的以外にも利用できます。

おすすめ関連リンク集

  • 緊急!RAID復旧110番

    raidの復旧を目指すなら、復旧力に長けている業者をここで探しましょう。大切なデータを失う心配が一切ないので頼りになりますね。

パソコンの保存容量

保存容量を増やす方法

HDD

新しいパソコンを購入した場合、必要な機器(cpu、メモリ、hddなど)は全てパソコンの中に内蔵されていることがほとんどで認識が必要となるものです。そのため、パソコンを利用していてhddの中身がデータでいっぱいになってしまった場合はパソコンのケースを開いて、増設(もしくは交換)をしないといけないと考えている方もいることでしょう。 昔はそのような方法が一般的でしたが現在では外付けhddというものが販売されていて、これを利用するとパソコンのケースを開くことなくhddの増設ができますのでとても便利です。値段も昔よりもずっと手ごろになっている外付けhddも販売されていますので、気軽に保存容量を増やしたいと考えている方は認識機能も踏まえ購入を考えるべきです。既存データを守り抜き、新しいパソコンを使いこなしましょう。

様々な使い方

外付けhddの接続方法はとても簡単となっており、USBという接続の規格を使えばパソコンにすぐに繋げるようになっています。このUSBという規格は増設をした後でも取り外すことが容易になっているため、複数の外付けhddを購入して用途別に使い分けるということも簡単にできます。 また、大切なデータのバックアップの保存場所としても外付けhddは適しており、読み取れなくなっては困るデータがある方はそのような使い方をすると良いでしょう。 なお、購入する場合はUSBの規格(USB2.0やUSB3.0など)によってデータの転送速度が変ってきますので、自身のパソコンと購入する外付けhddの規格にあった製品選ぶようにしましょう。

複製は意外に簡単

HDD

ハードディスクをコピーするなら、バックアップを利用してほかのハードディスクにそのデータを復元する方法もありますし、有償の専用ソフトを利用してダイレクトにコピーをするという方法も考えられます。いずれにしても定期的にコピーをとっておけばまさかのときに便利になります。